~私の好きなもの、好きなこと、興味のあることをあれこれと綴るブログです~

ジャージーボーイズ千秋楽

おそらく、我が家で最も流れている音楽ナンバー1、2に入るかもしれない、知る人ぞ知る(いやきっと知る人のほうが断然少ない?)ミュージカルがJersey Boys。

ジャージーボーイズ、と言いまして。詳しくはリンク先をお読みいただくとして(笑)

 

アメリカの往年のスター、フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの名曲と物語で綴った物語で、4人の男性ボーカルのハーモニーがとってもとっても美しいミュージカルなんですよ。

 
ジャージー・ボーイズ ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

 

そもそもは映画化された作品(クリント・イーストウッド監督)を2014年に観たダンナが、なぜかハマりにハマり、私にもぜひ見ろ見ろと強力に勧め。私も映画、そして2016年の日本語版ミュージカルを鑑賞したのでありました。これが確かにいい作品でね。ザ・フォーシーズンズはよくわからなかったけど、名曲「君の瞳に恋してる」のオリジナルを歌ったグループなのね!私この曲は大好きだったので、それがドラマティックに誕生するシーンなんかはもう、涙涙ですよ…。

 

そう、2016年。映画の大人気ぶりを受けて、日本オリジナルキャストによる舞台が実現したんです。あの時、メインキャストの4人のうちの一人にめちゃくちゃカッコいい俳優さんがいて、度肝を抜かれたことが思い出されます。その彼の名は、海宝直人さん。

 

彼の何が素敵かって、その甘いマスクとすらりとしたスタイルといったルックスのみならず、歌がね。素晴らしいの!声がいいの!

 

どうも私は欲張りで、ミュージカルを見ても、歌だけうまいとか顔だけかっこいいとかでは満足できず(笑) いや作品として満足はできるんだけど、強烈にその俳優さんのことを好きになるには、どうも顔と歌が両方よくないとダメみたいで。

 

なかなかそういう俳優さんには出会ったことがないのです。これまでレミゼ、ミスサイゴンオペラ座の怪人などなどメジャーなミュージカルは結構何度も見てきましたが。

このたびは、海宝直人さんにすっかり魅せられてしまいました…。

動画貼っちゃおう。

youtu.be

 

で、地元横浜の県民ホールで開催される、ジャージーボーイズの凱旋公演、しかもチームホワイト(この演目は、メインの4人が2チーム編成で交互に演じます。で海宝君はホワイト)の千秋楽というプラチナチケットをダンナの執念によりゲットし(笑)今日の日を迎えました。

 

このミュージカル、もうびっくりするくらい人気で。ダンナいわく、チケットが本当に取れないんだそうです。今日も会場は当然満席!しかも、9割が女性だよ…。すごい熱気だよ…。これもしかして、みんな、私みたいに海宝君目当て?って思わされるくらい、女性だらけの会場。

 

いや、海宝君以外のメンバーもみんなカッコよくて、歌もうまいから、そりゃあ人気が出るよね…。

 

席は3階席だったけど、帝国劇場ほど巨大なホールではないので、思ったよりよく見えました。わたしはオペラグラスを片時も離さず、かっこよすぎる海宝君の顔を追いかけまくっていました。いやほんとに、どんだけ見ていても見飽きないよ…。そして歌声が本当に気持ちいい。彼はライオンキングのリトルシンバでデビューしたという、子役からのスタートだそうだけど、途中で歌うことが嫌いになったりしないでここまで来てくれて本当に良かったよ♪と心から思いました。

 

千秋楽だから、最後の舞台挨拶があって(しかも30分近く!)、それもすごく良かった。

 

youtu.be

トークも誠実さが伝わるもので、非常に好感が持てます。見ていて、ああ、うちの息子もこんな爽やかで素敵な青年に育ってくれたらな~と思ってしまうあたりは、やはり男児の親のサガでしょうか。

 

 

 

今後は、もっと海宝君の舞台をチェックして、いろいろな彼を見てみたいと思ったのでした。ジャニーズにも韓流にもスポーツ選手にもいまひとつなぜかハマれない私ですが、海宝君はなぜか別!こんなふうにファンになっていくものなのですね…♡

 

次は来年1月5日(わたしの誕生日~♪)に、

www.ktv.jp

を開くらしいです。

でも大阪なんだよね…。

行っちゃう?

 

 

お酒代わりに飲んでる最近の超お気に入りドリンク♪

今週のお題「最近おいしかったもの」

 

直腸がんとわかってから、お酒は極力飲まないようにしています。なぜなら、アルコールはがんになる確率を高めるから。そのことはもう数字として明らかになっていて、どんなに私がワイン好きであっても、もはや避けては通れない事実なんですよね…

(参考記事はこちら。)

 

え、もうがんになってしまったんだから、今さらお酒やめても遅いのでは?ですって?

 

いやいや、そんなことはありませんぜ。

だって、私が患ったのは「直腸がん」ですが、カラダにはまだまだたくさんの臓器がありますね。特に私は女性ですからね、男性に比べたら「子宮がん」「卵巣がん」というリスクがついて回ります。そして「乳がん」になる確率も男性に比べたら高いわね(あ、乳がんは男性でもなりますからね!)。直腸がんになったから、もうほかのがんは大丈夫!なんてことは、全然ないわけで…。まさに、臓器の数だけがんリスクがあるっていう感じで(涙)

 

そして残念ながら、アルコールは、どのがんに対してもリスクが高いんですって。

だから、私はもう、がぶがぶとお酒を飲むことはしません。自宅では飲みません。飲むとしても、美味しいワインだけを、一日最大グラス2杯までに留めます!

(完全に断酒はしません。だってワインは好きだし、もはや私の一部だし、我慢しちゃうと私のQOLは確実に下がって、かえって体に悪いから)

(グラス2杯の根拠はまた今度ゆっくり書きます)

 

ちなみに。

がんがわかるまでの私ときたら、ほぼ毎晩ワイン飲んでました。ウチメシのときもソトメシの時も。

 

そんな私が、では今は何をワイン代わりに飲んでいるのか?

いいものを見つけちゃったんですよ♪

それがこれ。

 

 
【Amazon.co.jp限定】内堀醸造 まろやか米麹りんごの酢 900ml

 

これ、なぜかアマゾンでしか買えないのですが…かなり美味しいです。

このりんご酢と炭酸水を1対4~1対5くらいの割合で割って飲むんですが、これが、そのへんの激安スパークリングワインよりも美味しいくらい。

 

私はもともと炭酸系のお酒が好きで、ワインにハマる前はビール党でした。そのうちスパークリングワインを覚え、ワインにハマり、それからは大好きな飲み物がワイン(特に泡)という具合になったのです。

なので、炭酸水にレモン汁やシークワサー汁などを入れて飲むことは時々やっていたのですが、このりんごの酢を知ってからは、もうそればっかり!

 

ちなみに、ほかのフルーツ酢のたぐいも試してみたのですが、無駄に砂糖が入っていて甘いんだよね…。

たとえば某メーカーのブルーベリー酢は、このようなものが入っています。

 

◆米黒酢、ブルーベリー果汁、ぶどう果汁、果糖ぶどう糖液糖、果糖、黒糖入り砂糖液/酸味料、香
料、甘味料(スクラロース

 

わざわざ糖分はとりたくないのよね…。いちおう、シュガーフリーを心掛けているし。

 

そして私の愛用りんご酢は、このいさぎよい内容!

◆米麹調味料、有機りんご果汁、米酢、有機りんご酢

 

この、米麹調味料というのが初耳なんですが、メーカーサイトによりますと、

米麹調味料とは

米と米麹からつくられる甘酒の甘みと旨みを、内堀醸造独自の技術で引き出した調味料です。

麹菌が米のでんぷんを糖化させることで、やさしい甘みをつくり出します。また、米のたんぱく質アミノ酸へと分解され、味わい深い旨みが生まれます。

お米のおいしさを活かしてまろやかな味わいに仕上げました。

 

とのこと。よし、ここにも砂糖は添加されていませんね!素晴らしい!

 

これで砂糖を気にせず、ほんのりりんごの甘味がする美味しいビネガーカクテルを毎晩飲めるってわけです。ほんと毎晩飲んでます…いつか飽きるかな、と思いつつ(笑)

 

なお、おなじメーカーから出ているほかのフルーツ酢も美味しいです。ぶどうとブルーベリーの酢とか、黒酢と果実の酢などを試しました。いずれも、香料や甘味料は添加されていないとのことです。私には少々甘いので、やっぱりりんごの酢ばかりをリピートしているんですけどね。

 

 
内堀醸造 フルーツビネガー3本セット(有機りんご・ぶどうとブルーベリー・黒酢と果実)

 

ちなみに、割りものの炭酸水は、特にこだわりはないんですけど、コストコでいつも安くなってるサンペレグリノが多いです。

 
炭酸水 サンペレグリノ 500ml × 24本 SAN PELLEGRINO Sparkling water 天然炭酸水 スパークリングウォーター 最安値挑戦中 硬水 賞味期限 2019年4月以降 [水市場]

なお、私の英才教育(笑)により、香りには敏感な次男は、酢のツーンとした香りがどうしても苦手なようで。残念ながら飲んでくれませんー。彼こそ酢を飲んで体を柔らかくしてほしいんですけどね…。

平成元年の高校生がもし平成30年に高校生だったら

昨日、今日と、長男の高校の文化祭だった。なんと二日間連続でステージを見に行ってしまった…。それはなぜか。



長男のクラスの劇が面白かったこともあるけど、何といっても、ダンス部とチアダンス部のパフォーマンスが素晴らしすぎたからである。昨日は時間的にちょっとしか見られなかったので、今日は全部通しで見たいと思ったから。展示とか屋台とかにはわき目もふらず、今日はずっと体育館のステージにいようと決めて、10時過ぎから14時過ぎまでホントにずっと見続けた。



長男の劇はミュージカル風な味付けもあり、なかなか楽しめるものでとても良かった。アラジンを元ネタにしてアレンジしたもの。長男の役はセリフが2つしかない「お付きの者」その2、という役だったんだけど、それなりにピリッとスパイスが効いているセリフで笑いを取れていたし。主役のアラジンやジャスミンの演技も個性が出ていて見ごたえがあったし。何より長男自身がとても楽しんでいるようで、良かった。家では絶対見せないようなイイ顔をして。写真撮影が体育館後方でしか許されないから、今回は観劇に集中することに決めて前方席でかじりついて見た。だから写真は一枚もないのだけれど、この目にしっかり焼き付けたから良しとしよう。二日間も見たしね。



ちなみに劇は2年生7クラスあるうちの4クラスのみが上演し、残りの3クラスは教室で食べ物屋さんをやるという仕組みらしい。たまたま長男のクラスは劇をやる方だった。



さて、私の中での本日のメインイベントは、前述したようにチアダンス部とダンス部を見ること!実は去年の文化祭では全く体育館のステージを見ていなかったので、今年初めての経験だったのだが…こんな素晴らしいパフォーマンスを見逃していたとは!去年の私、何やってたのよ!!と言いたい…。



チアダン、という広瀬すずちゃんの映画があったし、土屋太鳳ちゃん主演の同名のドラマがつい最近までやっていたので、チアは全国的にも身近なものになっていると思うんだけど、私はドラマは見ていないし映画のほうも見ていないし。高校野球にもあまり興味がないので応援のチアダンスも見たことほぼないし。一体、高校生のチアダンスってどういうものだろう?っていう感じで見始めたのだけど。すごいのね!



【送料無料】チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜 DVD 通常版/広瀬すず[DVD]【返品種別A】

キレのある動き、大きな動き。まっすぐな手足をまっすぐに伸ばして、一糸乱れぬラインダンスのような。絵にかいたような開脚ジャンプとか。ほんとにあんな動きができるんだ。しかもみんな笑顔で!



とにかくチア部の子たちがみんな可愛くて!足が長くてまっすぐで!健康美とはまさにこのこと。鍛え抜かれた女子たちのスタイルの良さに、おばさん、シビレましたよ…

家にこんな可愛い娘がいたら、もう、たまらんね~~~。と、本気で思った…

あぁ、私にも娘がいたらねぇ…

などと、妄想していたら。

「娘がいてもチア部に入るとは限らないしね。可愛いとも限らないしね」と、私とは反対にクールな発言の夫よ…。ま、まぁ、そうだわね…。



続いてダンス部の登場である。

チアダンス部とダンス部、これが似ているようでずいぶん違うのね。ダンスのほうは、なんていうか、エグザイル系というかヒップホップ系というのか?もう、私の身体では全然ついていけない系の踊りなわけです。(いやチアダンスのほうも無理だけども)

肩を揺らす、腰をくねらす。私はサンパウロのサンバレッスンでいくら練習しても出来なかったよ、そういう動きが。それを部員みんなが上手にやってのけるとは!すごいな高校生。若さって素晴らしいね!



そうそう、忘れてならないのが吹奏楽部の演奏だ。

この高校、吹部のレベルがとても高く、全国大会出場の経験があるとか…。これは楽しみでしょ!

そしたら期待を裏切らないすごくスムーズで心地いい演奏で、感動しましたよ。まずは宇宙戦艦ヤマト銀河鉄道999とメドレーで。テンポを崩さず、終始流れるように音をつなぐ、素晴らしいヤマトと999でした。3年生が引退し、1,2年だけの演奏だということだけど、十分にハイレベルと感じられました。(吹部の聴き比べをしたことがないので、何がどうハイレベルかは私には判断できないんだけども。聞いててストレスフリー、安心の演奏であることは間違いなかった)

 

最後に「〇高の吹部といえばこれです!」と言って披露してくれた曲がまた最高で…。

曲名を聞いただけではわからなかったけど、メロディーが始まったとたん、あ!この曲!なんだっけ!?昔よく聞いていた曲…そう確か、まさに私が高校生の頃、良く聞いてたあの…なんだっけ?

 

と、非常に懐かしい気持ちでそのメロディーに聞きほれていた。吹奏楽で奏でられるそれは、私が記憶しているシンセっぽい雰囲気のとは違って、もっと奥行きがあって深くて、オリジナルのよりも素敵に聞こえるほどだった。吹奏楽にぴったりじゃん、これ!



T-SQUARE ティースクエア / Sports 【CD】

その曲とは「宝島」

T-SQUAREの11枚目のアルバム、1986年にリリースされた、競泳プールのジャケットの「S・P・O・R・T・S」に収録されている曲だ。吹部の演奏を聴いた後すぐにググったら、そうだそうだ!と腹落ちして。ますます感極まった次第。

スクエア、大好きでよく聞いていたんだよ、平成元年の高校生の私。その当時の曲を、まさか平成30年の高校生が演奏する様子を生で見聞きするとはね…。この突然の思いがけない選曲に、なんか、ふと、涙がでた。

 

そしてふと考えた。

私がもし今、高校生だったら。

何部に入るだろうか、と。

笑顔で踊って観客の声援を浴びて、とにかくかわいいチア部か?

自分の身体を自由に操り、カッコよく踊りまくるダンス部か?

動きのある演奏で観客を魅了する吹奏楽部か?

それともやっぱり、バレー部のマネージャーを選んでいるだろうか?

うーーーーん。

 

あの頃はダンス部とかチア部なんて全然なくって。当時の高校生女子が、今の子たちみたいに、あんなにキラキラと踊りまくる様子はちょっと想像できないのだ。自分含め。自分の友達含め。いや、もしかしたら、ダンス部やチア部が存在していたとしたら、自然な流れで入部する子はいたかも知れないけど…。当時はなかったからねぇ。

 

時代の変化というものを、わが子たちのスクールライフを垣間見ることでずいぶん感じることが多いのだけれど、今日の文化祭で目の当たりにした「踊る女子高生」の存在は、まさに私にとって時代の変化の最たるもののように感じられた。

 

あんなふうに自分を表現し、仲間と一つになって、一つのステージを作り上げて。多くの観衆を魅了する高校生って、なんて素敵なんだろう!

そしてその陰には、もんのすごい努力と、涙と、きっとドロドロしたものなんかもたくさんあるんだろうけれど。それを乗り越えて今日の晴れの日を迎えた彼女たちを思うと。素敵で、いとしくて、それだけで泣けてきた…。自分の娘が出ているわけでもないのに、完全に変なおばさんですが(笑)

 

青春っていいなぁ。

 

私は、自分の高校時代が大好きで。学校も大好きだったし、友達も大好きだったし、部活も、先生方も大好きだった。そう言うと、結構珍しがられることが多いんだけど(案外

学校が好きだったという人は多くない)、私は高校が好きだった。

自分の文化祭での思い出も、今日ひさしぶりに蘇って。あの舞台のあの辺に私は立って、歌を歌っていたな…と、当時の自分をありありと思い出したりした。

(ちなみにそれは久保田利伸のIndigo Waltzっていう非常に美しい曲の、メインボーカルではなくてバックコーラスの3人組の一人だったんだけどね)

 

平成元年の高校生も、やっぱり青春していたし、楽しかったなぁ。

 

うーん、でも、もしチア部、ダンス部があったら、入部してみたかったかも!

あんな風に輝く華やかな女子高生、ちょっとやってみたかったかも!

 

そんな妄想満載で長男の高校を後にし、ステージぶっ通しでお昼ごはんを食べるのも忘れていたため超空腹で(これはリハビリ的に良くないね…)、近くのびっくりドンキーへ駆け込んで遅いランチを楽しんだ三連休の中日でした。(内容を選べば外食も出来るようになった、もうすぐで術後1か月であります。あ、写真のビール風の飲み物は、ノンアルコールビールであります。料理はチーズバーグディッシュ♪)

f:id:calorina:20180917012831j:plain

おしりカメラを恐れるな(検査の実際と、検査後の注意点編)

おしりカメラを恐れるな(検査の実際編)

 

シリーズと書いておきながら、肝心の「検査はいったいどんな感じなのか?」までたどり着いておりませんでした。昨日、9月6日の午前3時8分に発生した北海道胆振東部地震の影響を受け、北海道在住の両親や友達や親せきのことが心配で心配で、昨日はブログ書けなかったんですよね…。

 

ここでジタバタしても何もならないけれど、やはり心配でテレビ報道ばかり見てしまった一日でした。まだまだ報道されていない被害が各地にあるんだと思っています。北海道は広いし、今回の地震の範囲も本当に広いので。復旧作業にあたっていらっしゃる方々、本当に夜を徹しての作業、おつかれさまです。ありがとうございます。そしてそんな働く人々をサポートする家族の皆さんも、ありがとうございます。愛する北海道の復活のために頑張る皆さんに、私はエールを送ることしかできませんが… 試される大地・北海道は、きっとこの経験を大いに活かし、また一回り大きな大地になることと信じています!

 

さて本題に入ります。

大腸内視鏡検査の実際、と題して当日の様子をお伝えしますね。

 

朝の下剤飲みを頑張った後、もう出るものは何もないわ!状態で私はバスに乗り、20分ちょっと揺られて桜木町駅に付きました。駅前の商業ビル、コレットマーレに私のクリニックは入っています。とても便利です。ちなみにコレットマーレには無印良品やGU、映画館のブルク13、大好きなお洋服屋さんのNOLITAなどが入っていてもともと大好きなビル。上階のレストランも、大きな窓からみなとみらいの美景がよく見えて、上京した友人などを誘って食事するのに最適なんですよ。そんなオシャレなところでおしりカメラっていうのも…なんですけれど(苦笑)

 

病院で受付を済ませ待機していると名前を呼ばれ、検査着に着替えるように言われます。小さな更衣室で着替え、不織布でつくられたネイビーのデカパンツを履きます。これが噂の(?)お尻穴あき検査用パンツであります。あ、お尻の穴あきと言っても、縦に20センチほどのスリットが入っている感じなので、穴がまーるく開いているようなものではございません。全然恥ずかしいデザインではありませんので、ご安心を。気になる方は、「エニマトランクス」で検索!(さすがに楽天にもアマゾンにもなかったよ)

 

そして検査室に呼ばれ、ベッドに横になり、腕に静脈注射が入ります。これがいわゆる「鎮静剤」というもので、まぁ麻酔のようなものなんでしょう。これのおかげで私は胃カメラもぜんぜん怖くありません。本当に、寝ている間に終わってるんですから!痛くもかゆくもないんですよ。

 

…と、今回もぐっすり眠れるのかなと思いきや。胃カメラの時に比べたら、意識はあったのです。無駄話をしているうちに意識がなくなる…ってのが胃カメラでしたが、今回は無駄話しているうちにどうやらカメラがお尻から挿入されたらしく(その感覚はほぼなし、カメラが動いていく感じも全然ありませんでした)。そう、意識は検査中ずっとあったのです。多少ぼんやりとはしていますけれど、はっきりと目はモニターを見ていた。

 

担当してくれた女医さんは、巧みに細い内視鏡を大腸の奥に奥にと進めていき、時々「あ、これ取っちゃいますね」などと言いながら処置を進めています。その様子は私もリアルタイムにモニターで見ているわけです。

 

「取っちゃいますね」と言われたところには、小さなポリープがあったのでした。薄ピンクの小さく盛り上がったのとか、少し黄色く見えるのとか。そうか、これがポリープなのか。しかも、見えたそばから「取っちゃう」ことが出来るのか!と感動していた次第です。内視鏡スコープの先端からメスが出てきて、その場でポリープをつまんで焼き切っちゃうみたいです。洗浄用の水も先端から出てきたりします。おしりカメラはカメラ機能だけじゃないんだ!なんて高性能で合理的な機械なんでしょう。今の医療ってすごいな…とほんと感動です。

 

大腸の奥のほうまで行って、またUターンして戻ってきて。15分~20分ほどでしょうかね、私の体内に内視鏡が滞在していた時間は。割とあっという間です。まぁ、胃カメラが5~10分の検査ですから、それよりはちょっと長いかな。だって大腸は1.5メートルもあるんですから。しかも急な曲がり角が2か所もあるし、ヒダヒダがあって観察しにくい。一方の胃は握りこぶし2つ分と言われますから、20センチちょっとでしょうか。形状は大腸よりシンプルでしょうから、所要時間は短そうですよね。

 

ちなみに、この時は全然痛くもかゆくもなく快適そのものだったのですが、その後手術を控えて再度詳しく検査…ということで有明でやったときは、実はちょっと違和感ありました。あ、今、横行結腸の曲がり角だね?みたいな嫌な感覚がありました。この時も鎮静剤はあまり効かず、意識はずっとあったのは前回と同じ。ちなみに大腸自体は、痛み感覚のない臓器だそうで、ポリープ切られようが何されようが痛くないのですが、たぶんスコープが大腸の壁に触れたりこすれたりすると、ちょっと違和感を覚えるのかもね。そしてそれはひとえに、スコープを操る人の腕前によったりするのかなぁ。

 

そんなこんなで、私は自分の大腸の様子をぼーっと眺めているうちに、はい終わりましたよーと声をかけられたのでした。看護師さんに付き添われて歩いて隣の休息室に移動し、気持ちいいリクライニングソファで小一時間ほど鎮静剤が覚めるまで寝ていました。

 

そして時間が来て、自分の服に着替えたら、診察室に呼ばれます。ここで、検査結果の説明を受けるわけです。ポリープ一つ見つからなかったきれいな大腸の人は、あぁ良かった!でおしまい。次回は2年後とか3年後とか、気になる症状が出たら来てくださいね…とかって言われるのでしょう。

 

私の場合はポリープやらなにやらいろいろある大腸の人だったので(笑)、話はそう簡単ではなく、割と時間がかかったのですけれどね…。

 

結局、クリニックに来てから帰るまでの所要時間は、おおむね3時間ほどでした。

朝の前準備からトータルすると、やっぱり丸一日仕事になっちゃいますね。

 

なお検査当日はクルマはもちろん自転車にも乗らないこと(鎮静剤を使用したため)というオキテがあります。

 

また、ポリープ切除を同時に行った場合は、以下の注意点を守りましょう。

※ポリープ切除はれっきとした「日帰り手術」ですので、保険会社に手術給付金を請求できるんですよ!私はオリックス生命から5万円おりました。クリニックに診療証明書(病院にもよるけど私のクリニックは1件5400円)を書いていただく必要はありますが。

 

食事:3日間は消化の良い食事で、刺激物・香辛料は避けましょう

飲酒:1週間は飲めません

仕事:1週間は重いものを持ち上げたり、激しい肉体労働はできません

運動:ウォーキングのような軽いものを含めて、運動はできません

入浴:3日間はシャワーのみとし、サウナは2週間入れません

旅行:2週間は避けていただきます

(出典:がん研有明病院 内視鏡診察部からいただいた患者向け資料)

 

f:id:calorina:20180907172710j:plain

 

→なぜこのような制限がかかるのかというと、やはり切除手術なので、傷口が開いたり出血したりする恐れがあるわけですよ。お風呂やサウナで体が温まると血管が膨張して、出血の危険が高まるんですね。飲酒もしかり。旅行中に出血したら、そこがもし田舎で、適切な処置ができる病院がなかったら命に関わりますよね…。

 

と、まぁ、事前準備も手間がかかれば、事後も(ポリープ切除があった場合は)、結構生活に制限がかかるのが大腸内視鏡検査なのですね…前後含めると都合2~3週間はいろいろガマンしなきゃいけないじゃん!

改めて書き出してみると、なんか、これ、結構大変ね…

 

でもでも!年に1回くらいは、大腸にとことん向き合う3週間を設けてくださいよ。だって、ここで初期がんを見つけることができれば手術で切除できるんだし。ポリープが見つかれば、がん化する前に検査中に切除しちゃえばいいんだし。調べて何にもなければハッピーで安心だし。やらない理由、ないですよね?

 

めんどくさい、とか、2週間も禁酒できないよ、とか、出張続きだから旅行NG期間は設けられないよ…なんて言って先延ばしにしているうちに、ひそかにあなたの体内でがんが発育しちゃってたら…どうします?

もっと大変な目に合っちゃいますよ?

 

と、思いっきり脅してみたところで(笑)、おしりカメラを恐れるなシリーズを閉めたいと思います。さぁ、これを読んだ40歳以上の皆さん。すぐにスケジュール帳を確認して、大腸内視鏡検査の予約ですよ!!!

 

人生、何ごともやるか、やらないか。その2つしかありません。

やらずに後悔するより、やって後悔したほうがいい。いや、この検査、やって後悔することなんて1個もないから♪

ご自身のため、そしてご家族に安心を与えるためにも。今やろう!ね。



(今回は画像ナシの記事となりましたが:さすがに自分の大腸の写真はアップするのがはばかられる…持ってるけどね。検査の様子、大腸の様子を見てみたい方は、Google検索で大腸カメラなどとキーワードを入れて、画像検索すればいろいろ出てきますよ)

今日もいい1日でありますように

有明の朝 しばし見納め。

 

f:id:calorina:20180831060947j:plain

 

今朝は最後の朝陽をありがとう。少し夜の眠りが浅かったから、今朝は少しベッドでのんびりしようと思ったけど、applewatch が太陽の位置を教えてくれたから。見に行かずにはいられなくなり…

 

f:id:calorina:20180831061007j:plain

 

ここに2年前からお世話になっていると言うおじいちゃんが、建物の反対側が見える窓辺にいたから、朝陽むこうですよ!綺麗ですよ!って言って連れてきてあげた。すると、顔を輝かせて、ここは知らなかったって言って、たいそう喜ばれた(^^)

有明朝陽ウォッチャーとしてこんなに嬉しいことないです。

このスポット知らないなんて、勿体なさすぎる…

 

朝陽のふもとにはディズニーランドに葛西の大観覧車。

東京湾の水面に映る陽の光がきらきらしてて。

本当に素晴らしい朝の風景。

 

f:id:calorina:20180831062245j:plain

 

そのおじいちゃんは今日、2年ぶり2度目の手術だそうです。

2年前には大腸と咽頭と、あともう1つなんだっけ。首の後ろのほうを切ったって言ってた。

そして今回は、食道と胃の腫瘍を切るんだそうです。もう年だし体力もないけど、開腹じゃなくて腹腔鏡だからできるんだ、と言ってました。ちなみに全部、単発のがん。どれひとつ、転移がんではないんですって…

 

がんは本当に千差万別。誰一人同じものはありません。

みんなそれぞれに、じぶんのからだに備わったものと、これからも付き合ってゆくのです。

それしかないんです。

 

おじいちゃんはもう自分は80過ぎだから、とほのかに笑い、私が今日退院だと言うと、力いっぱいの笑顔で「そりゃ良かった!」と返してくれた。

大丈夫、おじいちゃんもまだまだ若いよ!

また朝陽見に来てね!って、それぞれの部屋に戻りました。

 

みんなにいい1日になりますように。

おしりカメラを恐れるな(検査当日の朝編)

(検査当日の朝編)

 

大腸内視鏡検査の当日。

朝から「下剤を2リットル近く飲む」という試練に立ち向かいます。

 

やり方は2パターンあって、

 

1.検査機関が家の近くにあるなど、移動が容易な場合は自宅で下剤を飲んでから病院へ行く

2.まず病院に行って、病院にて下剤を飲む

 

私は両方とも経験しております。

まずはパターン1:自宅で飲む場合

 

クリニックから、飲むスケジュールを渡されます。私の場合、

朝7時半から飲み始め、1~2時間かけてゆっくり飲み切る。

その間も徐々に排便があるわけだけども、最終的に便の状態が黄色い水のようになったらクリニックに電話してその旨を知らせる。

 

という流れでした。

 

ではまず下剤の作り方からいってみましょう!(自分で作るんだよ!)

 

病院から渡された下剤キットの説明に沿って作ればいいので簡単です。これは、モビプレップという名前の下剤の場合。

 

A4くらいのサイズの透明な入れ物に、白い粉が入ってます。まずはお水を半分くらいまで入れて…

 

平らなところに置いて、白い粉の上あたりを手のひらでバンバン!と叩きます。すると、水と粉の境界線が破れて、粉が水に混ざってゆきます…

 

そして水を既定の量まで追加して、よく振って混ぜれば完成。無色透明の下剤の出来上がりです。

 

これをチビチビ飲んでいくわけですが…これがなかなか…飲めないのですよ。

味は、そうですねぇ、私にとっては「梅ジュースのごく薄いやつ」でした。ちょっと塩分が効いたような。まぁ成分がマグネシウムでしてね。その味を感じるという方もいます。

 

モビプレップの場合、150㏄(コップ1杯)を2回飲んだら、水を1杯飲みます。そのサイクルを繰り返していくんです。途中に水を挟むことで味わいがリセットされるのは良いですね。これを最低1リットルは飲みます。

 

ちなみに、事前に作ったものを冷蔵庫で冷やしておくと、多少飲みやすいといううわさもあります。確かにそうかも!だって、常温の梅ジュース薄め、ですよ。想像するだけでイマイチじゃないです?せめて冷えた梅ジュースのほうが…

 

さぁその先はもう個人差がありまくりなのですが、

飲み始めて1時間くらい経ったころから、お通じがやってきます。ええ、そりゃ、下剤ですから。お通じ、がんがん来ますよ!でもご安心ください。おなかがキュルキュル痛いということはございません。ウイルスにやられたお腹ではないので。キター!と思ったらトイレに座る。それだけです。

 

そして都度、出てきたものの状態を確認します。5回、6回、7回…と回を重ねるほどに、その状態は刻々と変化し、最後には小と見まがうような大になります。そうなれば完了!晴れてクリニックに電話していい状況となりました。

もし1リットル飲んだ時点で完了にならなければ、残りの1リットルも飲まねばなりません。だから、早く出てくれお通じよ!と祈る気持ちで過ごすんです。

 

もちろん、その間テレビ見るなり本読むなり、好きなことをして過ごしてOKです。

 

で、電話して完了の旨を伝えると、

「では12時10分までにご来院ください」などと時間を言われます。

ちなみに私は10時ちょうどくらいに電話したのですが、ええと、あと2時間後なのですね検査は… ずいぶん先なのね… という印象でした。

 

これは、同じ日に何人もヨーイドンで朝から下剤を飲んでいるわけでして。完了タイミングはひとそれぞれ違うんですね。で、結局は早い者勝ちの論理なんだと思います。早く完了した人から順に、検査予約が埋められていくようです。(私のクリニックの場合ね)

 

なお自宅からクリニックまではバスで20分ほどですので、余裕で到着できるのですが、これが1時間以上かかるとなると道中のお通じが心配かもね…。もっとも、完了を告げた時点で、ほぼすべてのお通じは出きった感があるので、移動中突然に!という可能性は低そうですけども。

 

移動が心配な方は、パターン2の「病院に行ってから下剤を飲む」を選択されると良いでしょう。ちなみに私は手術前の詳しい検査のために、入院した病院でもう一度やったんですが、その時は病院にて下剤を飲むことにしました。朝早かったし、遠かったので。

 

なおその際は、一つの部屋に何人も検査受ける人がいて、みんなで一斉に2リットルに立ち向かいました。こちらのメリットとしては、

 

・周りの人と励ましあいながら頑張れる

・下剤は病院側で作ってくれているので、自作しなくていい分ラク

 

くらいかなぁ…。

 

ちなみに2回目に飲んだ下剤は美味しくて!梅風味じゃなかったの!

ほんのり甘い、ポカリ味でした。なので、一口飲んで「これはぐいぐい行ける!」と嬉しくなっちゃった。ちなみにその下剤の名前は「マグコロール」

一見マグロに見えるので、私は勝手にマグロと呼んでいますが…。マグロはおすすめです。

ただしこれは、途中に水を挟んではいけないんです。ひたすらこればかりを2リットル…

味に飽きたら、なぜかアメをなめていいということになっていて、アメがたくさん常備されていました。

 

美味しいと思ったマグロも、やはり、同じ味を2リットルはきついです…

でもここで頑張らないと!きれいな腸にしないと!

だってカメラに便が映ったらねぇ、恥ずかしいじゃないですか。いや、恥ずかしいというより、正確な診断の妨げになりますからね。食事制限と、下剤からの腸洗浄は、絶対頑張りましょう。

 

(消灯時間が来ちゃったので、続きはまた明日…)

やっと逢えた、有明の朝陽

やっと逢えたよ、生まれたての太陽に。濃ゆいオレンジの真ん丸が、だんだん赤みを捨ててゆき、光の力を放ち始める朝陽。

見ているだけで飽きませんね。

 

f:id:calorina:20180830060251j:image

 

部屋の消灯が21時半で、眠りにつくのが22時。そうすると目覚ましなしでも17時過ぎには目が覚める。今日は腕時計見たら17時18分だったので、慌てていつもの定位置に。するとちょうど雲の中から朝陽が顔を出したとこでした。やった!と心の中で小さくガッツポーズ(^^)この時を待っていたんだよ。

f:id:calorina:20180830060308j:image


変化の少ない病院での生活。でも身近な変化はたくさんあるよ。何よりこの窓から見える大きな空。自然はどんなときも移ろいゆき、私たちにパワーをくれるね。

f:id:calorina:20180830060345j:image


そして私の身体も、日々、変化しています。

1度カラになり、動きを休めていた私の小腸は、食べ物を最終的に身体から出すと言う久しぶりのお仕事に戸惑いつつも、日々頑張ってます。

昨日より今日、そして今日より明日の自分が確実に元気になれることを楽しみに目覚める。そんな日々も、悪くない!

 

今日のゴハンはなーにかな(^^)