~私の好きなもの、好きなこと、興味のあることをあれこれと綴るブログです~

のんびりローカル線で行く天空のポピー、念願の満開レポートと素敵な西武新型特急ラビュー乗車

何年も前から、フェイスブックのタイムラインで時々見かけては憧れていた「天空のポピー」なるお花畑に、ついに満を持して!満開の最盛期に行ってまいりました。

 

ポピーの名所はいくつかあって、私の身近なところだと「くりはま花の国」が見事らしいんだけれど、どうもタイミングを逃してしまってね。行くとすでに淋しい畑になっちゃっていて。そもそもちゃんと開花時期をチェックしていない私が悪いのですが。

 

でも今回はテレビで見たから大丈夫。ちょうどお休みの日の前日のお昼のニュースか何かで、非常に見事なポピー畑の様子が放映されていたのです。実はそのニュースを見るまでは今年もノーチェックだったのだけれど(苦笑)。ごめんねポピー。そしてありがとうNHK

f:id:calorina:20190607000924j:plain


さて「天空のポピー」とは、

埼玉県の皆野町東秩父村に位置する、山の中の広大なポピー畑のこと。標高500メートルの牧草地を利用したもので、今年で12年目を迎えるんだそう。そこに咲くポピーは実に1000万本!いや正直、本数いわれましてもピンときませんが、前述のくりはま花の国が100万本だそうなので、その10倍ですか…。これはかなりすごい規模ですね!

 

ところで皆野町ってどこ?初めて聞く名前です。

公式サイトからアクセスを見ると、秩父鉄道皆野駅からシャトルバスが出ているとのこと。今回は一人旅だし、マイカーより電車だよね、ってことで迷わずこのパターンで目指すことに。しかし秩父鉄道とは…どこ?

 

乗換案内に従って、まずはJRで熊谷駅へ。横浜からは池袋までJRで出て、そこから西武線で向かうのが早道だけど、今回は大宮でひとつ用事があってそれを済ませてからだったので、熊谷から秩父鉄道に乗ることに。

 

もちろん秩父鉄道は初めて乗るのだけれど、これがかなりローカルな雰囲気でびっくり!まず切符を買うのにスイカが使えない!カードも使えない。つまり現金のみで、しかも券売機にはお札は1000円しか入らない!わたしは一万円札しかなかったので、窓口で両替してもらいましたが。イマドキ、これは珍しいですよね?徹底したポリシーが感じられて、悪くない(笑)

 

そして熊谷から約1時間で皆野駅に到着。これまた小さな可愛い駅で、ふるさと北海道のローカル駅を思い出します…。同じようにポピー目当ての乗客がちらほらと降ります。さてシャトルバス乗り場は?

 

f:id:calorina:20190607002011j:plain

駅前に手書きの看板が出ていたので、それに従い駅を背に100メートルくらい前進したあたりにバス乗り場がありました。で、バスには土日用の町営?のシャトルバス(往復500円)と、平日用の民営(秩父鉄道)のツアーバス(往復1000円)があるようで、土曜日の今日はシャトルバスの方でした。時刻表は特になくて、定員になったら適宜出発する感じのようです。私たちの乗ったバスは、鉄道到着から15分くらいで出発したかな。そこそこ満席です。

 

バスに揺られること約30分。途中から結構な山道になりますが、整備されていて対向車が来ても大丈夫なレベルの道幅があるので安心です。くねくねと結構上っていきます…。途中、小さな民家のポピー畑も現れ、期待が高まります!

 

f:id:calorina:20190607001237j:plain

到着すると、もうすでに一面のポピー!丘いっぱいに、ピンクが揺れ、赤が揺れています。簡易トイレで用を足し、テントにて300円の入場料を払って、いよいよ見学ルートを歩きます。

f:id:calorina:20190607001322j:plain


 

もうあとは、お気に召すままにポピーを愛でるのみ…♪

風が強めに吹いていたけれど、それがまたポピーをゆらゆらさせて素敵。

 

f:id:calorina:20190607001404j:plain

ぜひこれも動画レポートでご覧いただきたいです。花YouTuber第2弾ということで、こちらでもご紹介。

 

ポピーの魅力は、なんといってもあの和紙のように薄い儚げな花びら。真っ赤だけど、よく見ると透明感のある赤で、それが重なり合って燃えるようなレッドを表現しているのね。

 

f:id:calorina:20190607001437j:plain

そして八重咲のポピーや、オレンジのもの、縁取りがおしゃれなものもあります。赤だけじゃなくて、個性的な子も結構いるのよね。

 

f:id:calorina:20190607001518j:plain

だけどやはりポピーの一番の醍醐味は、この規模感でしょうね。一斉に咲き、一面を赤く染め、一斉に揺れるこの存在感。もう、花たちが大合唱しているように私には見えるよ。

f:id:calorina:20190607001647j:plain


 

バスの駐車場はポピー畑の一番下にあるから、どんどん丘の上に向かって遊歩道を登っていくんだけれど、早咲きの畑、遅咲きの畑があったり、腰より低い花と、背丈ほどに高い花があったり。飽きることなく楽しめます。

 

f:id:calorina:20190607001721j:plain

そして、丘の一番上まで来ると、いかに広大なポピー畑かがよくわかる…。写真では伝えきれないけれど、丘の起伏に沿って波打つように咲き乱れる満開のポピーはね、相当、すごいです。見ごたえありまくりです。そうね、この丘の様子は、富良野のラベンダーや美瑛のお花畑にも匹敵する規模感と美しさがありますね。やるじゃん、埼玉!(すいません道産子なもんで、上から目線…)

 

f:id:calorina:20190607001751j:plain

さて動画の中でも熱く語りましたが、満開のポピーに出会えるのは本当に短い期間なんですよね。この天空のポピーは、2019年は5月20日から6月9日までの開園となっています。そのうち本当に満開なのは何日間くらいあるのかなぁ。そう考えると、今日この日に、青空の下でポピーを愛でることが出来たことは、本当に幸せだと思いました。

 

f:id:calorina:20190607001846j:plain

園内にはちょっとしたベンチスペースもあり、途中の駅ビルの成城石井で買ったロカボ弁当を食べることが出来ました。最近学んだんだけど、お花を見に来るとつい食事を忘れて何時間も過ごしてしまうので、お弁当持参が大事!なんです。私の場合。今回は到着早々、花に囲まれながらお弁当を食べ、エネルギー満タンにしてから撮影に出たので、とても調子よかったです♪ご飯大事。

f:id:calorina:20190607001930j:plain


 

1時半ごろについて、動画撮ったり写真撮ったりしていたら、もう3時半過ぎていてビックリ。夕暮れのポピー畑も絶対魅力的に決まってるけれど、帰りのバスのこともあるので、後ろ髪ひかれつつ泣く泣く帰ることにしました。行きでもらったバスチケットを見せて、帰りのツアーバスに乗りました。

 

さて皆野駅から4キロほどのところに魅力的な日帰り温泉があるのだけれど、そこに行くにはすでに帰りのバスがない時間帯になっており…。これまた泣く泣く断念。人数がいれば、行きはバス、帰りはタクシーを手配して駅まで戻るのも手だと思いました。駅前にタクシー会社があるのでね。

 

そして1時間に3本ほどの秩父鉄道に乗り、熊谷とは逆の、西武秩父方面へ向かいました。なぜなら西武秩父駅の前には日帰り温泉があるから♪帰りに小一時間立ち寄るのにもってこいです。

 

ちょうど乗った電車は、秩父鉄道西武鉄道が乗り入れているもので、そのまま乗っていれば皆野から池袋までノンストップ!という魅力的なものだったけれど、今日は温泉優先で。西武秩父駅には止まらないので、最寄りの「御花畑」という駅で降りて、徒歩5分ほどの駅前温泉「祭の湯へ行きました。全然名前が違う駅だけど、歩いてほんとにすぐだったので便利。順路も看板が出ているので迷うこともありません。

f:id:calorina:20190607155139j:image

この温泉、びっくりするくらい新しくて、きれいで、快適でした。いわゆる温泉ランド的なんだけれど、露天風呂も広いし種類が豊富だし、サウナも、ミストサウナも良かった。何時間いても飽きずに過ごせそう…。

f:id:calorina:20190607155157j:image

晩ご飯の時間だったので、秩父名物という「わらじカツ丼」をいただきました。薄切りの豚肉をカツにしたもので、肉より衣の方が厚いんじゃ?という感じではありますが、味は良かった。そして名物の「しゃくしな漬け」が添えられていたのも嬉しい。以前からこの漬物の美味しさは知っていたので、そうか秩父の名物だったんだ!と再認識して嬉しくなった次第。帰りに、直結の土産物店(これまた超キレイで新しい)にて2袋買いました。そのくらい美味しいんだよ、しゃくしな漬けって!息子たちも目を輝かせて喜ぶほどに(笑)

f:id:calorina:20190607155210j:image

帰りは西武秩父駅から特急に乗って。いやはや、このところJRばかり利用していて、私鉄の特急など乗り慣れていないので勝手がよくわからず…。スイカでピッと入って、普通に乗り込んだら全席指定だった…。

 

そのうち車掌さんが来るでしょう、と待っていたらやっぱり来まして。車内特急料金はプラス200円とのことでちょっと割高になっちゃったけど、この特急、すんばらしく快適だったので乗って大正解です。

f:id:calorina:20190607155252j:image

聞くと、2か月ほど前にデビューしたばかりの新型特急「ラビュー」というんだそう。なんて素敵な名前。そして座席の座り心地がソファみたいでとてもいい!しかもビタミンカラーのイエローのソファ。こんなの初めてだわ…。

f:id:calorina:20190607155312j:image

私が載った1号車は車椅子対応だそうで、とーーっても広いスペースが車両内に設けられていました。さらに、窓がとっても広い。夜だったからそんなに車窓は気にしなかったけれど、これ、昼間ならすがすがしくてとってもいいだろうなぁ!

f:id:calorina:20190607155332j:image

揺れも少なく感じられ、とにかく快適の一言。秩父ー池袋間の19時25分発20時47分着、所要1時間22分があっという間でした。

池袋の駅のホームで、思わず外観も撮影しちゃった。よく見ると車体も曲線が優美でおしゃれ。外から見ると本当に窓が大きい!車掌さんに思わず「素敵ですね~」と話しかけると、車両専門ではないデザイナーさんがデザインしたんですよ、リビングでくつろぐイメージなんですよ、と教えてくださいました。

f:id:calorina:20190607155351j:image

後で知ったけど、西武秩父駅から出るラビューは、一日1本だけ。私が乗ったのがたまたまラビューだったんですって。なんだかすごくラッキーな気分です。私鉄特急の旅、ハマりそう…。西武の特急と言えばレッドアローくらいしか知らなかったけど、ポピーのおかげで旅の幅が広がった感があります。いろいろな楽しみがつながった、2019年、最高のポピー旅でした。

f:id:calorina:20190607155417j:image

ところで今回わたしはローカル線+シャトルバスの旅だったので移動は渋滞知らずでスムーズだったのですが、マイカーの場合は、午前中で駐車場が満車になったとかで…かなり混雑している模様です。知人からの情報ですと、秩父側から向かうほうが道がすいているんだとか。お車の方はご注意くださいね!