~私の好きなもの、好きなこと、興味のあることをあれこれと綴るブログです~

コリンと飛行機で北海道へ

昨日、7月の最後の日に、横浜から北海道の実家にやって来ました。
8月に入ると微妙に飛行機代が高くなるのでね。7月のうちに移動です。


今回は初めてスカイマークエアラインを利用してみました。ANAJALは高いのよね〜。
エアドゥも結局ANAと同じことだし。あまり安くない。
その点、スカイマークはダントツに安かった。成田利用ならもっと安いのだけれど、今回はコリンと男児2名を一人で連れて移動なのでね。やはり横浜から近い羽田利用で。
(ところで今日から就航のエアアジアというのも安いらしいね〜)


空港までの移動をどうするか、というのも我が家的には頭の痛いところ。
なんせ、3人分・3週間の着替えと荷物(リモワ大が1つ)があり、犬がいて、犬用ケージもあって。
車を3週間も羽田に置いておくわけにもいかず(ダンナは後半のみ合流だからね)、これはどうにかして公共交通機関を使うしか…



と、ふと思い出した。そういえば楽天カード会員特典の、荷物空港送り無料券が2枚あったことを!
これで、リモワと犬ケージを前日に空港へ送りこめば良し…。
しかし、この券、国際線の空港でしか利用できないと。ABCという会社なんだけど、そういえば国際線でしか見かけない会社だわね…。
仕方なく、荷物は国際線ターミナルに届けてもらうことに。あああ、当日、ターミナル間の移動が大変だなぁ。


そして当日。
私は背中にノートパソコンを背負い、ショルダーバッグを前に下げ、コリンのリードを引いて徒歩10数分の駅まで歩く歩く。
子どもたちはそれぞれの荷物を背負い、駅まで歩く歩く。
しかし暑いわ…。



最寄りのJRの駅で、犬用の切符(270円でどこまでも行ける?の、かな?行先は聞かれずに270円を求められました)を買って。コリンは犬用だっこひもに入れて、顔までメッシュカバーをかけて、パッと見、何をぶらさげてるんだかわからない状態にして乗車。



(相変わらず、はてなの写真の向きがどうしてもおかしい… 横にならなくてすみません)
幸い、ママと一緒ならどんな状況でもほとんど吠えないコリン。電車の中でもウンともスンとも言わず、おとなしくしてました。
そして横浜駅構内をその状態で横切り、東口のYCATへ。
犬がいるんですけど乗れますよね?とだっこひもを見せると、え〜その中に犬が?!と驚く係員…
特に犬料金はかからず、普通に空港行きリムジンバスに乗れました。



横浜から羽田空港は30分もかからない… けど、第一、第二、国際線の各ターミナルって結構離れているのねぇ。狭いニッポン、だけど空港はさすがに距離を置いて建設されているのねぇ。
バスは1、2、国際の順に停車するから、予想以上に時間がかかってしまった。
やっと着いた国際線ターミナルのABCカウンターで荷物を受け取り、カートにリモワと犬ケージを乗せて、今度は国内線ターミナル移動用の無料バスに乗る。
もう、移動だらけで疲れ果てる…
こんなことなら、自宅から直接北海道にスーツケースを送っちゃえば良かったよ、と思わなくもないけれど、どうしたって犬ケージは必要だものねぇ。
犬ケージと犬を持ち込んで電車に乗るのはキツい。さすがに。だからこうするしかなかったかなぁ、と思う。



ようやく第一ターミナルのスカイマークのチェックインカウンターに着いたと思ったら、いやあ、混んでること!
さすが夏休みだねぇ。さすが北海道行きだねぇ。満席ですって…
すでに札幌行きの人は呼び出しがかかっている。うちは犬もいるのに、や・ば・い〜



犬の手続きはやっぱりちょっと普通より時間がかかるから、1時間前のチェックインを!と言われていたのに、着いたのは30分前。ま・ず・い。
事前に犬の予約は電話で入れておいたので(これは必須です)、口頭での健康確認、紙面での承諾書確認とサイン、そして犬乗車料金(というか、超過手荷物・ペットという名目での支払い)5000円也〜を支払い(カード払いOKよ♪)、ようやく手続き完了。
その間、コリンのケージは脱走防止用の網袋に入れられ…
はい、コリンはギャン泣き…。
空港中に響き渡るほどのギャン泣きですよ、はい。でも仕方ないわねぇ。我が家の家族になった以上、飛行機旅行は避けられない。
耐えてくれ、コリン!



そして私たちも大急ぎで搭乗口へ。
途中の売店で大急ぎで3人分のお弁当を買い(たいめいけんのポーク生姜焼き弁当、美味♪)、大急ぎで機内へ。
幸い、私たちがラストではなかった。機内アナウンスによると、手荷物検査場などの混雑により今日は搭乗が遅れております…だそう。まぁ確かにそのくらい混んでいたけれども。



1時間半で到着の新千歳は近い近い。お弁当食べて機内誌読んでたらもう到着よ。
これならコリンも余裕だろう。
不思議なハート模様の田んぼなどを見下ろしつつ、快適に空の旅を楽しむ。



…と、手荷物検査場のベルトコンベアわきの扉から係員に運ばれてきたケージの中のコリンは、私の姿を見るなり、またギャン泣き!
この瞬間はどうしようもないねぇ…。



慌ただしい出発だったから、ちゃんと同じ飛行機に乗せられたか、ちゃんと元気に到着するか心配だったけど、この声を聞いて一安心ではある。
空港まで迎えに来てくれた両親との対面においても、吠えることもおびえることもなく、しっぽを振って飛びつく状態。
犬嫌いの母はおびえておりましたが(苦笑)。



そんなこんなのコリン国内飛行機移動。
国際線で30時間以上かけてブラジルから飛んできたことを思うと、朝飯前、だよね?コリン?!






現在は実家で完全リラックス体制でのんびりくつろいでおります…
新しい環境もへっちゃらなのね、この子は。